予期せぬ妊娠でお悩みの方と赤ちゃんの命をお守りし温かい家庭への特別養子縁組をサポートする特定非営利活動法人NPO Babyぽけっと

養子縁組とは?

普通養子縁組と特別養子縁組の違い



普通養子縁組と特別養子縁組の違い

養子縁組の流れ



普通養子縁組特別養子縁組の違いを簡略してご説明致します。
普通養子縁組「家の存続等の契約型」「親子の離縁が可能」に対して、特別養子縁組とは「子供の利益と福祉のため」にあり、養子の年齢は原則6歳未満までで親子は原則離縁出来ません。

戸籍上も「養子・養女」ではなく「長男・長女」と記載されます。
特別養子縁組確定後、養子は実親との縁が切れますが普通養子の場合、戸籍上実親と養親の二組の親を持つことになります。
特別養子縁組では、戸籍上も嫡出子とほぼ同じ戸籍謄本となります。

養子縁組の流れと致しましては、当会からの資料郵送後、書類審査→説明会→個人面接→養親として待機→該当の連絡→養子の受託→特別養子縁組の申し立て(家庭裁判所)→1年前後で結審・・・という大よその流れになっております。

特別養子縁組の確定後は告知の問題等もございます。縁組後も当会で出来る限りのサポートをさせて頂きたいと思っておりますので、皆様のご協力の程よろしくお願い致します。


BabyぽけっとTOPページに戻る

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional